living-on-my-own-wayのブログ

Book review,some advice about entrance exam in Japan,Talks about Biology

大切な人を思う心

あぁ
思う
今、この瞬間
あなたはどこで、なにをしているのか
その砂のようにサラサラとした頬で
流れゆく季節の移ろいを
空虚な風の声と共に
鋭敏に感じているのだろうか


非常に過ぎていく
「時」と「空間」の中で
あなたという存在は
あなたという大切な人は
微動だにせず
僕という形のない箱の中にいて
僕を思ってくれているのだろうか


いつまでも
いつまでも


雑然とした僕の荒々しい記憶の中に
新緑まぶしい春の光景を
連想させるのか


あぁ
思う
あなたこそ
あなただから
僕はこんなにも
誰よりも自然な顔たちをして
机の窓から見える
限定された夕焼けを
頬杖をつき
虚ろな目をしながら
うっとりと眺める


2013/09/15



~When you imagine how your precious people are doing far away from here,you are to appreciate that you cannot do anything but praying.However,over time and space,love can be transmitted~





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。